オンラインカジノ 日本人ユーザー 層

オンラインカジノの日本市場

日本でオンラインカジノが認知されだしたのはここ4〜5年くらいのことです。

 

初期の頃は日本語対応のオンラインカジノというのは殆どありませんでした。しかし最近では日本語に対応し、日本人スタッフが常駐・サポートを行う、というカジノが続々と登場しています。それだけ日本市場が重要になってきているという事ですね。

 

最近の日本語対応オンラインカジノで遊ぶのに英語力は必要ありません。

 

〜日本語化されている部分〜

  • ユーザ登録
  • ソフトウェアのダウンロードやインストール
  • 実際のプレイ画面
  • ゲームの遊び方などの説明文
  • サポートへの問い合わせ&回答

 

上記の様な部分が殆ど日本語で提供されています。日本語サポートも日本人スタッフを雇っている所が増えてきており、登録や遊び方でわからない点なども質問すれば日本人による親切な回答が返ってきます。

 

オンラインカジノと日本人ユーザー

日本ではまだまだ馴染みの薄いイメージのオンラインカジノですが、
実はプレイしてる人も多く日本人ユーザー数は数万人以上と言われています。

 

以前から話題に上がっているカジノ法案が通過すれば、
オンラインカジノユーザ数も急増する事が予想されます。

 

どんな人がプレイしているのか?

カジノにマイナスのイメージを持っている人もいるかもしれませんが、大きな誤解です。

 

実際に海外のカジノに行ってみるとわかりますが、カジノでプレイしている人達は怪しいギャンブラーなどではなく、むしろ一般の人、それも所得や社会的地位が高い人が非常に多く集まります。カジノは上流階級の社交場といえます。

 

オンラインカジノも同様です。日本でも、普通のサラリーマンや会社の社長、主婦、といった一般的な人達が楽しんでいます。10万人くらいの日本人ユーザーがいると言われています。

 

1億円獲得ユーザーが誕生!

ちょっと前ですが、1億円のジャックポット賞金を獲得した日本人が出た事が
ニュースや雑誌で話題になりました。

 

> 日本人プレイヤーが1億円を超えるジャックポットを獲得!

 

週刊新潮の記事

 
(クリックで拡大)             (クリックで拡大) 

 

見ての通り、このニュースは「週刊新潮」で大きく取り上げられ、日本でもオンラインカジノの認知度が一気に高まりました。

 

1億円プレイヤーが誕生したこのワイルドジャングルカジノは、「ジャックポットが出やすいカジノ」として今も人気があります。実際に日本人ユーザによる高額賞金も毎週の様に出ていますね。

 

→ ワイルドジャングルカジノ(日本語版)をダウンロード

 

 

 

 


 
トップページ オンラインカジノについて 日本語対応カジノ 資金管理法 ルーレット攻略法