ルーレット アンプリゾンルール サレンダー

アンプリゾンルール/サレンダーとは

ヨーロッパのカジノのルーレットには「アンプリゾン(EnPrison)ルール」というルールが存在します。

 

アンプリゾン=刑務所入り

 

アンプリゾンルール(EnPrison)

通常、イーブンベッドの賭けにて、ゼロ(0や00) が出るとチップは没収となります。

 

しかしアンプリゾン(EnPrison)ルールでは、ゼロが出た場合、チップは一旦保留(刑務所入り)となり再度スピンが行われます。もしそのスピンで当たればチップは全額戻ります(囚人の解放)。またアンプリゾンの代わりにサレンダー(Surrender)を選択することもできます。

 

  • アンプリゾン → チップは保留。次のスピンで当たれば全額戻る。
  • サレンダー  → 賭け金の半分だけ没収

 

このルール下ではイーブンベッドの控除率は1.35%となるため、プレーヤーに非常に有利です。

 

アメリカンのルーレットではアンプリゾンルールは採用されておらず、現在このアンプリゾンルールが採用されているのは、一部のヨーロピアンルーレットやフレンチルーレットのみです。オンラインカジノでも一部採用されています。

 

控除率

通常のヨーロピアンルーレット

2.7%

アンプリゾンルール
(フレンチルーレット等)

イーブンベッド:1.35%
その他のベット:2.7%

(*)マイクロゲーミング系のオンラインカジノでは「ラ・パルタージュ(La Partage)」という名前で表記され、サレンダー方式が適用されています。

 

 

アンプリゾンルールが適用されているワイルドジャングルのフレンチルーレット

 

 

 


 
トップページ オンラインカジノについて 日本語対応カジノ 資金管理法 ルーレット攻略法